上峰町

豊かな自然 人と文化が息づくまち

 サイトマップ   
文字の大きさ
 上峰トップ  くらしの情報  上峰町政情報  課別電話  例規集  観光情報
トップページ > くらしの情報 > 税について > 耐震改修工事を行った家屋(要安全確認計画記載建築物・要緊急安全確認大規模建築物)に対する固定資産税の減額について

耐震改修工事を行った家屋(要安全確認計画記載建築物・要緊急安全確認大規模建築物)に対する固定資産税の減額について

   平成26年4月1日から平成32年3月31日までの間に、政府の補助を受けて現行の耐震基準に適合するように家屋(※1)の耐震改修工事をおこなった場合、申告により2年間当該家屋に係る固定資産税が減額となります。

 (※1 建築物の耐震改修の促進に関する法律に掲げる要安全確認計画記載建築物又は要緊急安全確認大規模建築物に該当するものであること。)

1 申告期間 耐震改修工事が完了した日から3ヶ月以内
2 減額期間 工事完了年の翌年1月1日を賦課期日とする課税年度から2年間減額

3

 

減額範囲

 

固定資産税額の2分の1

 (ただし、当該2分の1に相当する金額が改修費用の2.5%に相当する金額を超える場合は、2.5%に相当する金額)

4 書類提出先   上峰町庁舎1階 税務課課税係

 

 耐震基準適合家屋申告書(99KB; PDFファイル)

アドビリーダーPDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。
このページに関する問合せ先
  税務課 課税係   TEL:0952-52-7411(本庁1階)
上峰町  〒849-0123   佐賀県三養基郡上峰町大字坊所383番地1
TEL:0952-52-2181  FAX:0952-52-4935
Copyright(c) Town Kamimine. All Rights Reserved.