• 移住定住情報
  • シニア向け情報
  • 子育て情報
上峰町ホームページトップへ

コロナウイルスワクチン接種について

最終更新日:

新型コロナウイルスワクチン接種について

 ・現在12歳以上の方の予約受付中です。
 ・接種を希望される方は、電話・Web・LINEのいずれかでお申し込みください。
 ・12歳~15歳の方は電話受付のみとなっています。詳細はこちら別ウィンドウで開きます、または個別に送付している案内をご覧ください。
 ・ただいまキャンセル待ちの受付をしておりますので、ご希望の方はコールセンターへご連絡ください。
  キャンセル待ち電話番号:0120-113-567(平日9時~17時)
 ※上記につながらない場合:0952-52-2221(平日9時~17時)
 ・転入された方、接種券を紛失された方等、接種券の発行が必要な方はこちらの相談窓口へお尋ねください。

 ※新しい情報が入り次第、当ページを更新しお知らせします。 

ワクチン接種を希望される方へのお願い

【予約のキャンセルおよび日時変更について】

  • ワクチン接種のキャンセルや予約日時を変更される場合は、必ずお電話にてご連絡をお願いいたします。
  • 2回目の接種日の変更は、Web・LINEからはできません。 

  キャンセル・変更のご連絡先:0120-113-567(平日9時~17時)

  ※上記につながらない場合 :0952-52-7413(平日9時~17時)

【12歳~15歳のワクチン接種について】

  • 接種を希望する場合、接種当日は保護者の同伴が必要です。保護者の同伴ができない場合はご相談ください。
  • 町で実施するコロナワクチンは12歳以上(接種日時点)が対象です。
  • 詳しくはこちら別ウィンドウで開きますよりご確認ください。
【妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の方のワクチン接種について】

  • 妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されている新型コロナワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。妊娠中の時期を問わず接種をおすすめします。詳しくは、厚生労働省の新型コロナワクチンQ&A別ウィンドウで開きます(外部リンク)よりご確認ください。

 

ページ内目次

上峰町の新型コロナワクチンについて 

町民のみなさまの接種について 

接種会場について 

接種スケジュールについて 

予約方法について 

接種日の持ち物について 

ワクチン接種時の注意事項について 

巡回バス・乗り合いタクシーについて

ワクチンの副反応について 

ワクチン接種にかかる差別や誹謗中傷について 

国からの情報 

佐賀県の相談窓口 

上峰町の相談窓口

日本語(にほんご)がむずかしい外国人(がいこくじん)のひとへ

 

上峰町の新型コロナワクチンについて

 現在、上峰町ではファイザーワクチンの接種を行っています。

 ファイザー社の新型コロナワクチンの有効性・安全性などに関する情報について、詳しくは下記リンクをご覧ください。

  • ファイザー社の新型コロナワクチンについて【厚生労働省ホームページ】

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_pfizer.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  • 新型コロナワクチンの有効性・安全性について【厚生労働省ホームページ】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_yuukousei_anzensei.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)
  •   上峰町の新型コロナワクチンについての実施計画については下記資料をご覧ください。
 新型コロナウイル感染症に係るワクチン接種実施計画(PDF:362.8キロバイト) 
 

町民のみなさまの接種について

クーポン券の確認について

 役場より、6月下旬から64歳以下の方(昭和32年4月2日以降にお生まれの方)へワクチン接種クーポン券入り封筒を送付しています。

 ご自身のクーポン券であることをご確認ください。

 

 接種会場について

 集団接種町内医療機関での接種の2種類をご準備しております。ご都合の良い接種会場で接種をお願いします。

  (1)集団接種の場合

   会場:町民センター

  (2)町内の医療機関での接種

   平井内科、三樹病院、うえきクリニック、やまだ小児科

 ※基礎疾患がある方や治療中の病気がある方は、医療機関での接種をおすすめします。

 

 接種スケジュールについて

※国からのワクチン供給量により接種日時等が変更になる場合があります。

【集団接種日】場所:町民センター

  • (火・木)13:00~15:00
  • 7月31日(土)14:00~16:00 / 8月1日  (日)9:30~11:30 
  • 8月28日(土)14:00~16:00 / 8月29日(日)9:30~11:30

【町内医療機関での接種日】※変更になる場合があります

 

 予約方法について

 接種したい会場が決まりましたら、予約してワクチン接種をお願いします。予約方法は下記の3種類ご準備しております。

専用ダイヤル:0120-113-567

電話受付時間:平日9時00分から17時00分まで ※つながらない場合は、0952-52-2221へお願いします。

右記URLにアクセスし予約してください。 https://vc.liny.jp/3432

右記のQRコードを読み込みアプリの指示に従って予約してください。 ラインQRコード

 

 接種日の持ち物について

 予約した日時になりましたら、肩を出しやすい服装で、予約した会場に行かれてワクチンを接種してください。

当日の持ち物

接種券   ・予診票

・お薬手帳(治療中の方)

・本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)


接種後の注意点

  • ワクチン接種後は、15分以上は会場で様子を見ます。

※過去にアナフィラキシーを含む、重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、採血等で気分が悪くなったり、失神等を起こしたことがある方は30分ほどお待ちいただきます。

※アナフィラキシーの詳しい情報はこちらをご覧ください。

  • ワクチンを受けた日は、通常の生活は問題ありませんが、激しい運動や過度の飲酒等は控えてください。
  • 接種部位は清潔に保ちましょう。接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部位は強くこすらないうようにしましよう。


ワクチン接種2回目の予約の流れについて

 ワクチンの効果を十分に得るため、同じ種類のワクチンを一定の間隔を空けて2回受ける必要があります。

 2回目の接種は3週間後になります。

(例)1回目を8月10日(火)接種 → 2回目8月31日(火)同じ会場にて接種。

 1回目接種後に2回目の接種日をお伝えします。2回目の予約の必要はありません。

 

 ワクチン接種時の注意事項について

  • 接種前にご自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、予約した窓口にご連絡ください。
  • 同封されたクーポン券は、2回分の「接種券」や「予防接種済証」が1枚になっております。毎回、切り離さず台紙ごとお持ちください。

  • 入院中、入所中の方を除き、ワクチンは住民票のある市町村(住所地)で受けることになります。 お住いの住所地以外での接種を希望される方は、窓口までお問い合せください。

  • 現在、何かの病気で治療中の方や、体調など接種に不安がある方は、かかりつけ医等とご相談のうえ、ワクチン接種するかどうかお考え下さい。
 

巡回バス・乗り合いタクシーについて

 日曜はワクチン接種の時間に合わせて臨時運行します。ご利用は、ワクチン接種の方に限ります。事前に送付した無料チケットをご利用ください。

※巡回バス・乗り合いタクシーについて詳しくはこちら別ウィンドウで開きますをご覧ください。

 乗り合いタクシー予約・問い合わせ:0952-37-1489

 

 ワクチンの副反応について

 現在、開発中の新型コロナワクチンの副反応については、どのようなものが起こりうるか確認されているところです。

 日本への供給を計画している海外のワクチンでは、ワクチン接種後に、ワクチン接種と因果関係がないものも含めて、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・筋肉痛等の有害な事象がみられたことが論文等に発表されています。

 また海外で既に実施されている予防接種においては、まれな頻度でアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生したことが報告されています。

  詳しくは厚生労働省ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。


アナフィラキシーの症状について

 薬や食物が身体に入ってから、短時間で起きることのあるアレルギー反応です。

 じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急におこります。血圧の低下を伴い意識レベルの低下や脱力を来すような場合をアナフィラキシーショックと呼びます。


アナフィラキシーが起きたときの対応

 接種会場や医療機関ですぐに治療を行うことになります。

 具体的には、息苦しさなどの呼吸器症状がみられれば、接種会場や医療機関で、まず、アドレナリンの注射を行います。

 接種後にもしアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なよう、医薬品などの準備をしていきます。


副反応により健康被害が生じた場合の補償

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害が、極めてまれではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。

 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済が受けられます。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、同法の救済を受けることができます。

 なお、健康被害救済の給付額は、定期接種のA類疾病と同じ水準です。

詳しくは、こちら別ウィンドウで開きます(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。


 

 ワクチン接種にかかる差別や誹謗中傷がないように

 新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

 予防接種を受ける方には、予防接種による発症の予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくことになります。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

 また、職場や学校で全員に必ず接種するよう求めたり、周囲の方に接種を強制したりすることのないようお願いします。

 

 国からの情報

 接種会場やワクチンについての詳しい情報は、下記サイトをご確認ください。

  • 「コロナワクチンナビ」サイトアドレス
   https://v-sys.mhlw.go.jp/別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  • 「首相官邸ワクチン特設ページ」サイトアドレス
   https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  • 「新型コロナワクチンQ&A」サイトアドレス

   https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  • 「新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)について(第2報)」

  (日本産婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会)
   http://www.jsog.or.jp/modules/news_c/index.php?content_id=70別ウィンドウで開きます(外部リンク)

  • リーフレット「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策~妊婦の方々へ~」

   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10890.html別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

 佐賀県の相談窓口

 県では、県民の皆様が安心して新型コロナウイルスワクチンを接種できるように「新型コロナウイルスワクチンに関する専門的相談窓口(コールセンター)」を設置しています。

 新型コロナウイルスワクチンについて「ワクチンを接種した後3日経っても接種部位が腫れているが医療機関を受診した方がよいか」等の相談がある場合は、県コールセンター(名称 新型コロナウイルスワクチン副反応等相談センター)に御相談いただきますようお願いします。

 接種後の痛みや発熱が長く続く等の場合は、かかりつけの医療機関に相談をお願いします。

【日本語での相談】

  • 基本的相談

(例)・どのような効果がありますか。

   ・どんな副作用がありますか。

   ・接種を受けた直後の注意点はありますか。

  電話番号 :0570-080-082 または  0954-69-1105  

  対応日時:毎日 8時30分から17時まで(土曜日、日曜日、祝日も対応しています)専門的相談

  • 専門的相談

(例)・持病があり、薬を飲んでいるのですが、新型コロナワクチンを接種していいですか。

   ・アレルギーがあるのですが、新型コロナワクチンを接種していいですか。

   ・接種後に体調が悪いのですが、どうしたらいいですか。

   ※接種の可否・病気の診断・治療等の診察に関わるお問い合わせは、かかりつけの医療機関にご相談ください。

  電話番号 :0954-69-1105

  対応日時:毎日 8時30分から17時まで(土曜日、日曜日、祝日も対応しています)

【筆談での相談】

  FAX 番号:0952-25-7268

  対応日時:開庁日 8時30分から17時まで

  相談内容:【日本語での相談】に同じ

【多言語での相談】

  電話番号:092-286-6823

  対応日時:毎日 8時30分から17時まで(土曜日、日曜日、祝日も対応しています)

  相談内容:【日本語での相談】に同じ

  相談形態:相談者、電話通訳者、県コールセンターの三者間通訳会話

  対応言語:英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、マレー語、ミャンマー語、クメール語、モンゴル語、シンハラ語、ヒンディー語

 

 上峰町の相談窓口

 コロナウイルスワクチンに関する相談・お問い合わせは、上峰町コロナワクチン相談室までお願いします。

 電話番号:0120-113-567 対応時間:平日9:00~17:00

 

日本語(にほんご)がむずかしい外国人(がいこくじん)のひとへ

【日本語(にほんご)がむずかしい外国人(がいこくじん)のひとは、やさしい日本語(にほんご)で、したにまとめています】

新型(しんがた)コロナワクチンを打(う)ってもらうときにあなたに質問(しつもん)することを、やさしいにほんごにしています。


新型(しんがた)コロナワクチンを打(う)ってもらうときの説明(せつめい)のための書類(しょるい)です。


新型(しんがた)コロナワクチンを打(う)ってもらうときのためのおしらせです。   


このページに関する
お問い合わせは
(ID:460)
佐賀県上峰町

〒849-0123  佐賀県三養基郡上峰町大字坊所383番地1  
電話番号:0952-52-21810952-52-2181   Fax:0952-52-4935  

Copyright(c)2020 Town Kamimine All Rights Reserved