上峰町

豊かな自然 人と文化が息づくまち

 サイトマップ   
文字の大きさ
 上峰トップ  くらしの情報  上峰町政情報  課別電話  例規集  観光情報

不妊治療費の一部助成

上峰町では、不妊治療を希望しているにもかかわらず、経済的負担を感じている夫婦の方に対し、下記の内容で不妊治療費を一部助成しています。

平成28年10月1日から、男性の不妊治療に対しても助成を行います。

助成対象者】

  戸籍上の夫婦で、次の(1)~(3)すべてに該当する方

(1)不妊治療以外の治療法による妊娠の見込みがない又は極めて少ないと医師に診断されていること

(2)夫又は妻のいずれか一方又は両方が、上峰町内に住民登録をし、引き続き1年以上居住する見込みであること

(3)夫と妻の年間所得の合計が730万円未満(町税等を滞納していない世帯) 

助成対象の治療

 保険適応されていない次の不妊治療

・特定治療

 (人工授精、体外受精及び顕微授精治療)

・男性不妊治療

 (特定治療の一環で行われた治療で、精巣を精巣又は精巣上体から採取するための手術に要した経費)

【助成内容

 医療機関に支払った助成対象費用額から、佐賀県の助成金等(他都道府県・市町村を含む)を差し引いた額の10分の7の金額

 

助成限度額

 ・特定治療

  1年度あたり20万円(通算5年まで)

・男性不妊治療

  1年度あたり10万円(通算5年まで)

助成方法

不妊治療費を医療機関に支払った方の申請に基づいて助成金を交付する償還払い方式

 

申請期限

治療終了した日の属する年度内(3月末日まで)

※ただし、年度内に請求が難しい2月~3月に治療を終了された方については、次年度5月まで

 

申請時、持参するもの

 ・上記提出書類

 ・印鑑

 ・預金通帳又はそのコピー

 

提出書類

 (1)不妊治療助成申請書

(116KB; PDFファイル)

 (2)不妊治療受診証明書

(74KB; PDFファイル)

 (3)不妊治療助成請求書

(54KB; PDFファイル)

 (4)所得証明書(児童手当用)

 (5)戸籍謄本

 (6)医療機関の領収書

 (4)(5)は上峰町で証明できない方のみ必要です。

 佐賀県にも同じ治療で申請される場合、(2)は佐賀県不妊治療支援事業に係る受診証明書の写しで可とします。 また、上峰町で(4)が確認できない場合でも佐賀県不妊治療支援事業承認決定通知書の写しで可とします。

 

注意事項

・治療終了後に申請してください。

・佐賀県でも不妊治療支援事業がありますので、先に佐賀県(鳥栖保健福祉事務所 母子保健福祉担当 TEL0942-83-2172)への申請を済ませてから、上峰町に申請をしてください。

・治療終了した日の属する年度内(3月末日)までに請求してください。ただし、年度内に請求が難しい2月~3月に治療を終了された方については、次年度5月まで請求を受け付けます。この場合は、治療終了の年度ではなく申請された年度分の助成になりますのでご注意ください。

このページに関する問合せ先
  健康福祉課 健康増進係   TEL:0952-52-7413(本庁1階)
上峰町  〒849-0123   佐賀県三養基郡上峰町大字坊所383番地1
TEL:0952-52-2181  FAX:0952-52-4935
Copyright(c) Town Kamimine. All Rights Reserved.