上峰町

豊かな自然 人と文化が息づくまち

  サイトマップ
 
 上峰トップ  くらしの情報  上峰町政情報  課別電話  観光情報
トップページ > 上峰町の紹介 > 上峰町の紹介

上峰町の紹介

位置・地勢

上峰町は、佐賀県の東部のほぼ中央部、三養基郡に位置し、概ね北部が丘陵及び台地、南部が沖積平野で、居住可能地の標高差約50メートルの北高南低の地形です。南北最長12.5キロメートル、東西最狭1キロメートルの帯状の町でその姿は剣が天に向かっているようです。
地質的には、北部から深性花崗岩地帯、洪積層及び南部平坦地の沖積層とにわかれており、南部平坦地は肥沃な土壌に恵まれています。
明治4年廃藩置県が断行され、明治22年4月に江迎村、前牟田村、坊所村、堤村の4村が合併し、上峰村と称しました。平成元年には、町制施行をなし、町としてのスタートをきりました。村からの変化の中では、農業生産を主体としたものから工場の誘致、住宅政策の振興を図り、農工併進の街づくりを行ってきました。
現在、町全体の農地整理、工場誘致もほぼ終了し、今後環境破壊することなく農工歩みをそろえてすみよい街づくりを目指しています。

人口

総数:9,283人(平成27年国勢調査)
最新の人口は、こちらの統計資料を参照ください。
 

世帯数

3,260世帯(平成27年国勢調査)
最新の世帯数は、こちらの統計資料を参照ください。

面積

12.80平方キロメートル

町章

町章
上峰町章

上峰の「カ」をデザインし、「ミ」は「カ」を三個書きで表現し、円にして町が発展していき、障害を乗り切っていくように、また、中央で交錯しているのは豊かな田園と団結を表しています。(昭和48年3月制定)

 

町木 町花
つばき サルビア
つばき サルビア
 
美しい緑の郷土づくり推進協議会にて公募(応募総数49件)を行い、昭和61年に制定。
町木「つばき」は、昔から町内の家庭に植えられ親しみがあり病害虫に強いことから、町花「サルビア」は、病害虫に強くかつ種子が落ちて次の年にまた花を咲かせ広がりを見せるとの理由から選定されました。
翌、昭和62年5月に嬉野町(現:嬉野市)で開催された全国植樹祭の会場内に記念植樹されました。(昭和61年2月26日制定)
このページに関する問合せ先
  まち・ひと・しごと創生室 広報企画係   TEL:0952-52-2182(本庁2階)
上峰町  〒849-0123   佐賀県三養基郡上峰町大字坊所383番地1
TEL:0952-52-2181  FAX:0952-52-4935
Copyright(c) Town Kamimine. All Rights Reserved.