上峰町

豊かな自然 人と文化が息づくまち

 サイトマップ   
文字の大きさ
 上峰トップ  くらしの情報  上峰町政情報  課別電話  例規集  観光情報

後期高齢者医療

後期高齢者医療制度とは

 75歳(一定の障害のある方は65歳)以上を対象とする新たな医療制度で、平成20年4月から開始されました。
 これまで加入されていた国民健康保険や健康保険組合、社会保険等の本人や被扶養者であった方もこの制度に加入することとなります。

 

後期高齢者医療制度運営の仕組み

 後期高齢者医療制度の運営については、佐賀県内のすべての市町が加入する「佐賀県後期高齢者医療広域連合」が行い、広域連合は被保険者の資格管理、保険料の賦課、医療給付等を行っています。
 また、上峰町では、申請書の受付等の窓口業務や保険料の徴収業務を行います。

 

保険料

 後期高齢者医療制度では、対象となる被保険者全員が保険料を納めることとなります。

 保険料は、被保険者1人当たりいくらと決められている『被保険者均等割額』と被保険者の所得に応じて決められる『所得割額』を合計して、個人単位で計算されます。
 なお、低所得者等に対しては、世帯の所得状況に応じて、軽減措置が適用されます。

 

 ◆保険料の算定方法(平成30年度・平成31年度)

   『被保険者均等割額:51,800円』+『所得割額:所得金額(基礎控除後の総所得金

    額等)×9.88%』=個人の年間保険料(年間限度額62万円)

 

 ◆被用者保険の被扶養者であった方の軽減措置(平成30年度)

 資格取得日の前日において、被用者保険の被扶養者であった方については、被保険者均等割額が5割軽減されます。また、被扶養者であった方が、所得の低い方の軽減措置に該当する場合、軽減割合の大きい措置が適用されます。所得割額は、課せられません。

お医者さんにかかった時の負担額は

 お医者さんで受診された際に、窓口でお支払いただく一部負担金の割合は、老人医療保険同様、原則1割です。ただし、一定基準以上の所得のある方は3割負担となります。

保険料の年金天引き(特別徴収)について

  • 特別徴収
    年金からの天引きによる支払い方法。
  • 原則として年額18万円以上の年金受給者が対象となります。 (ただし、介護保険料と合わせた保険料額が年金額の1/2を超える場合には、介護保険料は特別徴収(天引き)のままで後期高齢者医療保険料は普通徴収となります。)
    ※上記の要件を満たした場合でも、特別徴収(天引き)されず、普通徴収になる場合があります。
  • 普通徴収
    納付書や口座振替による支払方法。
    特別徴収の対象者以外の方は普通徴収となります。

 

口座振替選択制について

 特別徴収から口座振替による支払方法に変更することができます。

 そのためには、保険料納付方法変更申出書や口座振替の申込みなどの手続きが必要です。

  (1)被保険者証 (2)印鑑 (3)振替口座の通帳 (4)通帳の届出印 をご持参ください。

 

 ※被保険者以外の口座からのお支払いに変更した場合、その社会保険料控除は、口座振替により支払われた方が適用になります。

交通事故にあったとき

 交通事故など第三者の行為によってけがや病気をした場合でも、届出により後期高齢者医療で医療を受けることができます。

 この場合、後期高齢者医療が医療費を立て替え、あとで加害者に費用を請求することになります。ただし、加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると後期高齢者医療が使えなくなることがありますので、必ずご相談ください。

 

お問合わせ

    佐賀県後期高齢者医療広域連合

   http://saga-kouiki.jp/  (外部リンク)
    〒840-0201   佐賀市大和町大字尼寺1870番地  佐賀市大和支所3F
    電話番号:0952-64-8476       ファックス:0952-62-0150

このページに関する問合せ先
  健康福祉課 保険年金係   TEL:0952-52-7413(本庁1階)
上峰町  〒849-0123   佐賀県三養基郡上峰町大字坊所383番地1
TEL:0952-52-2181  FAX:0952-52-4935
Copyright(c) Town Kamimine. All Rights Reserved.